FC2ブログ

【元HKT48】風俗嬢疑惑の菅本裕子、類似点多数で、特にネイルのデザイン一致は決定的!? 「もはや疑惑じゃなくて真実」の声も

1: ブリーフ仮面(第四十一期次席卒業生)φ ★@\(^o^)/ 2014/06/04(水) 02:03:14.63 ID:???0.net

元HKT48・菅本裕子、ピンサロ・セクキャバ勤務疑惑が噴出でファン困惑

 HKT48の元メンバーで料理タレントとして昨年再デビューした菅本裕子(20)の
“風俗嬢疑惑”が波紋を広げ続けている。ピンサロ勤務疑惑が飛び出たかと
思いきや、元カレを名乗る人物の暴露によってセクキャバ(お触りアリのキャバクラ)
でも働いていた疑いが噴出し、ファンを困惑させている。

 菅本は2年ほど前にも、池袋のピンサロで働いているというウワサが流れたことがあった。
それが先月28日に巨大掲示板を中心に再燃。ピンサロ「G」に榎本ゆずという源氏名で
所属していた女性とそっくりだといい、その女性は昨年9月から今年1月にかけて
働いていたという。客が隠し撮りしたという榎本の画像は、確かに菅本とウリ二つ。
また、菅本のグラビア写真と榎本のプロフィール写真を比較するとお腹のアザの位置や
耳の形が激似であることが判明し、二人の筆跡も酷似していた。さらに、菅本が
セミロングからボブにヘアスタイルを変えたのと同時期に榎本も同じ髪型になっている。

 超人気嬢だったらしく、同店の利用者が書き込んでいるスレッドでは
「榎本のドリルアナル舐めは凄まじい」「ゴックンしてくれた」
「超美乳で上目遣いにディープスロートしてくれる」といった感想が書き込まれている。
さらに「円盤(嬢に直接金銭を渡して本番行為すること)交渉したけど
50kは出せなかった(笑)」と、5万円で本番OKであることを示唆する書き込みまであった。

 これらの疑惑に対し、菅本は自身のTwitterで
「色々と噂が飛び交っているようですね。私も見ました。凄く悲しい」
「ネットは怖いです。芸能界もう怖い。ちょっと休みたい」と恐怖を吐露。
「事務所の方に相談して対応を考えてくれています」などとも書き込んでいるが、
なぜか直接的にデマだとは否定はしておらず、ファンを心配させている。

 そんな中、Twitterに菅本の元カレを名乗る人物が出現。その人物は菅本が
騒動が再燃した先月28日まで東京・千歳烏山の「D」というセクキャバに「ゆう」として
所属していたとツイート。さらに、菅本とLINEのビデオ通話をしている時のものだという
画像をアップした。画像は上半身裸に見えるものと服を着ているものの二枚あり、
こちらも顔は激似。自称元カレによると「菅本が勝手に脱いだ」という。他人の空似の
可能性もあるが、背景に写っている花柄の枕カバーが以前に菅本がSNSで公開した
自身のカバーと酷似しており、服も過去に菅本が着用していたものと非常に似ている。

 自称元カレは、暴露の真意を尋ねるネットユーザーの質問に答える形で
「(菅本は)ファンや男をゴミだと思ってるんで、痛い目見た方がいいかなって」
「彼氏は俺の時で5人目だった」「経験人数は10人から数えてないって言ってた」
「たぶんクラミジアもってるってのもガチ」などと衝撃的な発言を連発。その後
「菅本以外も巻き込んでしまった」という理由でアカウントを削除している。

 自称元カレの暴露にあった「イチャキャバ勤務疑惑」についても
早々に検証が行われ、こちらもネット上で疑いが強まっている。
ネット上の検証により、イチャキャバのホームページにあった「ゆう」の
プロフィール画像から、二人の二の腕の同じ位置にホクロがあることが判明。
さらに決定的といわれているのが「ゆう」が上半身裸で手ブラをしている写真。
「ゆう」のネイルと菅本が同時期にアップしていた自身のネイルのデザインが一致している
というのだ。ネット上では、もはや「疑惑じゃなくて真実」と断定する者すらいる。

>>2-5辺りに続く)

メンズサイゾー 2014年06月03日18時30分(佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)
http://news.livedoor.com/article/detail/8898919/
イメージ画像:『HKT48 公式生写真 Theater 2012. April』(※チームH)
no title

菅本裕子のHKT48時代のビキニ画像
no title


引用元: 【元HKT48/2ch特定班】風俗嬢疑惑の菅本裕子(20)、類似点多数で、特にネイルのデザイン一致は決定的!? 「もはや疑惑じゃなくて真実」の声も

スポンサーサイト



⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

「あまちゃん」女優・優希美青、「神さまの言うとおり」で“種市先輩”福士蒼汰と再会

1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 07:49:11.35 ID:???0.net

[映画.com ニュース] 若手女優の優希美青が、福士蒼汰が主演する三池崇史監督の最新作
「神さまの言うとおり」に出演することが決定した。優希と福士は、昨年のNHK連続テレビ小説
「あまちゃん」以来の共演。福士との“再会”について、「ご一緒するのが楽しみです。お芝居のこと、
色々教えてもらいたいです!」と心待ちにしている様子。三池監督は、弱冠15歳の優希を
「犯罪スレスレの美少女の登場です。男として、一線を踏み越えてみようと思う」と絶賛している。

第37回ホリプロスカウトキャラバンで、応募総数2万9521人の中からグランプリを獲得した優希が
演じるのは、いじめを受けていた中学時代に福士扮する同級生の瞬に心を救われ、それ以来思いを
寄せ続けている高瀬翔子役。自らとの共通点については、「私に似ているなって思いました。翔子は
一途に瞬のことを思い続けていますが、私も大好きなコナンくん(名探偵コナン)を一途に思っています! 
そんなところが共感できます」と語っている。

オーディションで初めて会った三池監督を最初は「怖そう」と思ったというが、「コナンくんのお話を笑顔で
聞いていただいたり、素直に、ズバッとアドバイスをしてくださったので、とてもいい方だなと思いました(笑)」と
すっかり打ち解けている様子。「あまちゃん」以来の共演となる福士に対しては、「種市先輩はアキちゃんの
ものなので、小野寺ちゃんはとらない(好きにならない)と思います」とコメントを寄せた。

今作には主演の福士のほか、ヒロイン・秋元いちか役の山崎紘菜、暴力で人に危害を与えることに快楽を覚える
問題児・天谷武役の神木隆之介の出演が発表されているが、このほど若手実力派俳優・染谷将太の参戦も
決定した。公開中の主演作「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」をはじめ、年末には山崎貴監督の超大作に
主演する「寄生獣」の公開が控えるなど、引っ張りだこの存在。「悪の教典」以来2度目となる今回の三池組では、
瞬の親友・サタケに息吹を注ぎ込む。

平凡な毎日を過ごしていたはずの高校生が、何の前触れもなく生き残りをかけた謎のゲームに巻き込まれると
いう衝撃的な展開と絶妙な緊迫感からファンを増やしている、金城宗幸(原作)と藤村緋二(作画)の原作コミック。
映画版は、“巻き込まれ型のジェットコースタームービー”をコンセプトに、恐怖感や不条理感、「負ければ死」という
緊迫感、そして正体不明の黒幕の謎といった原作がもつ魅力を描き出し、ジェットコースタームービーの金字塔を目指す。

「神さまの言うとおり」(http://darumasanga.com/)は、11月15日から全国で公開。

http://eiga.com/news/20140520/1/
「神さまの言うとおり」への出演が決定した女優の優希美青
no title


引用元: 【映画】「あまちゃん」女優・優希美青、「神さまの言うとおり」で“種市先輩”福士蒼汰と再会

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

【映画】ブルース・リー伝記映画の監督決定!来春にも撮影開始!

1: Marine look ★@\(^o^)/ 2014/06/04(水) 02:16:24.61 ID:???0.net

2014年6月3日 22時50分
 伝説のアクションスター、ブルース・リーの伝記映画の監督が、
『アジャストメント』のジョージ・ノルフィに決定し、来年の春にも撮影が開始されるとVarietyが報じた。

 伝記映画のタイトルは『バース・オブ・ザ・ドラゴン(原題) / Birth of the Dragon』で、
リーがハリウッドで知られる以前の1965年に行った、中国武術家ウォン・ジャック・マンとの一戦が、物語の中心として描かれるという。

 リーは当時、戦いには勝利したものの、ウォンを倒すのに想像以上に時間を要したことなどから自身のパフォーマンスの
低さを痛感し、後に広く世に知られることになる格闘スタイル、ジークンドーを確立するに至ったといわれている。

 映画を製作するのは米QEDインターナショナルとグラウンズウェル・プロダクション。同サイトによると、
プロデューサー陣は来年の春にも撮影を開始したい意向だという。

 これまで『実録/ブルース・リーの死』(1975)、『ブルース・リー物語』(1976)、『ドラゴン/ブルース・リー物語』(1993)、
『李小龍 マイブラザー』(2010)などが製作されているリーの伝記映画。『ボーン・アルティメイタム』や
『オーシャンズ12』に携わる脚本家でもあるノルフィ監督がどんな作品に仕上げるのか。
発表されていないブルース役も含め、気になるところだ。(編集部・入倉功一)

[シネマトゥデイ映画ニュース]
http://www.cinematoday.jp/page/N0063496


引用元: 【映画】ブルース・リー伝記映画の監督決定!来春にも撮影開始!

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

堺雅人「大河ドラマ主演内定」で夏目三久に思わぬ余波

1: そまのほ ★@\(^o^)/ 2014/05/20(火) 11:13:30.13 ID:???0.net

堺雅人「大河ドラマ主演内定」で夏目三久に思わぬ余波

 俳優・堺雅人(40)が、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で
主演の真田幸村役を演じることが内定。これにより、昨年の大ヒットドラマ「半沢直樹」(TBS系)の
続編制作がほぼ消滅したという。様々なオファーが来る人気俳優といえども体は一つのため、
仕事を選ばざるを得ないのだが、堺の決断が思わぬ人物に影響を及ぼしてしまう可能性が
取り沙汰されている。
 視聴率40%を超え、社会現象にもなった「半沢直樹」の続編制作はTBSにとっても
最重要課題だったが、限りなく厳しい状況となった。「堺のもとには『半沢』だけではなく、
フジテレビ系の『リーガルハイ』からもオファーがあったそうです。結局、堺が選んだのは
大河ドラマでした。スケジュールの都合上『半沢』の続編は厳しく、TBS内にも諦めムードが
漂っている」とTBS関係者。
 この“余波”を受けてしまいそうなのが、堺と同じ事務所のフリーアナ・夏目三久(29)だ。
夏目は4月から「朝ズバッ!」の後番組「あさチャン!」のメーン司会に抜てきされたのだが、
視聴率は前番組より低い3~4%台と低迷している。
 芸能プロ関係者は「そもそも夏目の起用理由の一つとして、『半沢』の続編を制作したいから
と言われていた。TBSも夏目サイドも否定するでしょうが、TBSにそういう“下心”があった
ことは間違いないでしょう。だけど続編がないなら夏目にこだわる必要もなく、
数字が上がらないとなれば番組打ち切りが早まる可能性は十分にある」。
 別のTBS関係者は「セットなどもろもろ使った経費を考えると、1年間はやると思います。
ただ、その先は分からなくなった」と言い切る。「半沢」続編という“追い風”がなくなりそうな
今、「あさチャン!」が生き残れるかどうかはこれからの巻き返しにかかっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00000004-tospoweb-ent


引用元: 【芸能】堺雅人「大河ドラマ主演内定」で夏目三久に思わぬ余波

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

【芸能】“おしゃべり飛鳥”と杉田かおる泥酔エッチ過去(週刊実話)

1: エタ沈φ ★@\(^o^)/ 2014/06/04(水) 06:27:09.92 ID:???0.net

2014年06月03日 14時01分

 否認から一転して容疑を認めたASKA。彼の本性を知る芸能関係者は今後の供述に怯えている。
 「ASKAは否認している間も、雑談ではいろんなことをペラペラ捜査員に話していたのです。『週刊文春』のインタビュー時も余計なことをしゃべって、芸能関係者を激怒させた。
“おしゃべりASKA”が何を話すか? 捜査員も興味津々ですよ」(警視庁詰め記者)

 昨年夏、『週刊文春』がASKAの“シャブ疑惑”を報じた。
ASKAはホームページで「一過性脳虚血症の疑いがある」と否定したが、疑惑が消えなかったことから約2カ月後に同じ土俵の『週刊文春』で独占インタビューに応じた。
 「反論するのはいいんですが、“芸能界のドン”と呼ばれているS社長の実名を出して余計なことを言いすぎました」(大手プロ幹部)

 ASKAは同インタビューで次のように語っている。
 〈文春の記事が出てから(芸能プロの)BのS社長から電話があって『ASKA君、僕いま心配になって、記事のゲラを見てきたんだよ。酷いよ!』って言われたんですよ。
『オヤジさん、僕潔白だから。全然平気ですよ』っていう話をして、Sさんのほうも『じゃ、大丈夫だね』『大丈夫ですよ』。
これだけの会話があっただけなんで、Sさんに今後の対応の相談をしたという事実もないんです〉(記事中は実名)
 「S社長の目的はどうあれ、マスコミのバッシングからASKAを守ってやろうとしたのは事実。そのやり取りを暴露したんですからね。
S社長は激怒。業界からは総スカン。何が起きてもASKAを助ける業界関係者はいないと見られていたが、逮捕されたとなると話は別。何しろ“おしゃべりASKA”ですからね」
 と証言するのは音楽プロデューサー。

 「インタビューでも、クスリで心当たりのある名前を挙げているし、S社長との会話のやり取りも微妙。
それに、同じミュージシャン仲間のドラッグ情報も持っている。ASKAが捜査員の誘導で誰と誰が薬物をやっている、とゲロするリスクは高いですね」

 薬物疑惑が上がった際、本誌が接触した親しい音楽関係者はこう説明していた。
 「ASKAは、酒は体質的に合わない。食って飲んで騒ぐタイプじゃないからストレスやプレッシャーを溜め込むタイプ」

 もともと下戸だったいうASKAは酒に溺れた過去もある。制作会社プロデューサーが続ける。
 「昔、ドラマで共演した女優の杉田かおる(49)と毎晩大酒を飲んで共演者やスタッフに迷惑をかけていました」

 ASKAと杉田が共演したドラマは1984年に放送されたスペシャルドラマ『友よ』(日本テレビ系)。
 「他に烏丸せつこ、森下愛子といった美人女優もいたんですが、なぜかASKAは杉田と気が合った。地方ロケでは、2人は毎晩浴びるように酒を飲んでいました。
杉田はお風呂も入らずASKAと飲み明かす。そのままロケバスに乗るから酒がプンプン臭う。共演者もスタッフも閉口したことを覚えていますよ」(前出・プロデューサー)
 「杉田とは男女の関係だった。しかし、それはASKAが結婚する前のこと。酒で発散できていれば、薬物に手を出すことはなかったかもしれない。悔やまれますよ」(ドラマ関係者)

 “おしゃべりASKA”は話さずにはいられない。

http://npn.co.jp/article/detail/76302459/


引用元: 【芸能】“おしゃべり飛鳥”と杉田かおる泥酔エッチ過去(週刊実話)

⇒続きを表示 / ⇒全文を表示

NEXT≫
最新記事
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
FC2アフィリエイト
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
検索フォーム
カテゴリ
スポンサーリンク
ランキングサイト
アンテナサイト
過去の記事
他サイト様
逆アクセスランキング